Mikomi管理システム利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、プロバランス.ホールデイングス株式会社 (以下、「弊社」といいます。)が提供する顧客管理ツールである「Mikomi」(以下、「本サービス」といいます。)の提供と利用に関する条件を弊社と本サービスを利用される方との間で定るものです。

本サービスの利用にあたっては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約の全ての条項について同意いただく必要があります。

第1条 (定義)
本規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
1 利用契約:本規約に基づき弊社と会員との間で締結される本サービスの提供に関する契約
2 申込者:弊社に本サービスの利用を申込む者
3 会員:利用契約を弊社と締結し、本サービスを利用する者
4 会員ID:弊社が本サービスの提供に際して会員を識別するために用いられる符号
第2条 (利用契約の申込み)
1 申込者は、本規約の内容を承諾の上、弊社が定める方法により、会員情報を登録の上、利用契約の申込みを行うものとします。弊社が弊社所定の手続によって申し込みを承諾したときに、本規約に従った利用契約が成立するものとします。
2 弊社は、前項の規定にかかわらず、次の場合には、その利用契約の申込みを承諾しない、あるいは承諾を留保することができるものとします。
(1) 申込者が実在しない場合
(2) 申込者が申込みにあたり弊社に提出した情報に虚偽の事実を記載した場合
(3) 弊社と同一又は類似の事業を営んでいる者による申込みの場合
(4) 申込者が過去に本サービスの代金支払いを遅延し、又は不正に免れようとしたことがある場合
(5) 本サービスの利用目的が、評価、解析その他本来の目的と異なるものであると疑われる場合
(6) 申込者又はその代表者、役員において、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団その他のこれらに準ずる者(以下、「反社会的勢力」といいます。)に該当する場合又はそのおそれがある場合
(7) その他弊社が適当でないと判断した場合
3 前項に従い、弊社が利用契約の申込みを承諾せず、あるいは承諾を留保する場合は、その旨を申込者に通知します。ただし、弊社は、承諾しなかったことあるいは承諾を留保したことの理由を開示する義務を負わず、承諾しなかったことあるいは承諾を留保したことによる責任は負いません。
第3条 (登録情報)
1 会員は、本サービスを利用する際に会員の情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供するものとします。
2 会員は、登録した会員の情報に変更が生じた場合には、速やかに弊社所定の登録情報変更手続を行うものとします。
3 弊社は、前項の変更手続が完了するまでの間は、これらの登録した情報に変更がないものとして扱い、弊社はこれによって生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
第4条 (契約期間)
利用契約の契約期間は、1か月間とし、その後1か月間の自動更新であり、契約期間満了までに弊社に対して弊社所定の継続停止手続を行わない限り、さらに1か月間自動的に延長されるものとします。
第5条 (本サービスの機能)
本サービスの機能の内容は、弊社が別途定めるプラン表等のサービス提供についての説明ページで表示される内容によります。なお、オプションサービスとされているものについては、本サービスの対象外であり、別途お申込みが必要となります。
第6条 (本サービスの変更)
弊社は、本サービスの機能追加、改善を目的として、弊社の裁量により本サービスの一部の追加又は変更を行うことができるものとします。ただし、当該追加又は変更によって、変更前の本サービスのすべての機能・性能が維持されることを保証するものではありません。
第7条 (利用料)
1 会員は、本サービスの利用料として、弊社が別途定めるプラン表記載の料金を弊社が指定する支払方法により、弊社に支払うものとします。
2 本サービスの提供の休止、中止その他の事由により本サービスを利用できない状態が生じたときであっても、会員は、契約期間中の利用料を支払うものとします。
第8条 (会員ID及びパスワード)
1 会員は、会員ID及びパスワードの管理を自己の責任において行うものとします。
2 会員は、会員の会員IDにより本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について、第三者の行為を含め一切の責任を負うものとし、第三者に損害を与えた場合には自己の費用と責任においてこれを解決しかつ弊社に損害を与えたときは弁護士費用等を含む一切の損害を賠償するものとします。
3 会員は、会員ID及びパスワードの失念があった場合は、弊社に書面(電子メールを含みます。)にて通知するものとし、弊社の指示に従うものとします。
4 会員は、会員ID及びパスワードの盗難があった場合、又は会員ID及びパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに弊社にその旨を書面(電子メールを含みます。)にて通知し、弊社の指示に従うものとします。
第9条 (電気通信回線等の確保等)
1 会員は、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、電気通信回線等は、会員自身の責任と費用負担において、確保、維持するものとします。
2 会員は、コンピュータウィルス等の感染防止等のセキュリティ対策を自己の責任と費用において講じるものとします。
第10条 (禁止行為)
会員は、以下の各号に規定する行為をしてはならないものとします。
(1) 弊社又は第三者の著作権その他の知的財産権を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
(2) 弊社又は第三者の名誉を傷つけるような行為、又はこれらのおそれのある行為
(3) 弊社又は第三者の財産、プライバシーを侵害し、又は侵害するおそれのある行為
(4) 法令又は公序良俗に違反する行為
(5) 弊社と同一又は類似の事業を営んでいる者に本サービスを利用させる行為
(6) 第三者に会員ID及びパスワードを使用させる行為
(7) 同一の法人、組織・団体、個人が繰り返し本サービスの無料お試しを申し込む行為
(8) その他弊社が不適切と判断する行為
第11条 (データ管理)
1 会員は、本サービスの利用に関連して入力、提供又は伝送するデータ等について、必要な情報は自己の責任で保全しておくものとします。
2 弊社は、会員が利用する情報に関して本サービスを提供する設備等の故障等により滅失した場合に、当該情報を復元する義務を負うものではありません。
第12条 (会員の責任)
1 会員は、本サービスを通じて取得する情報の正確性・有用性・確実性等を判断し、自らの責任で利用するものとし、その結果について、会員は一切の責任を負うものとします。
2 会員は、本サービスに入力、提供又は伝送する情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性等その内容について一切の責任を負うものとします。
3 会員は、本サービスの利用に伴い、自己の責めに帰すべき事由で第三者に損害を与えた場合、又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用をもって解決するものとし、弊社に一切迷惑をかけないものとします。
4 会員が弊社に損害を与えた場合、会員は弊社に対して、当該損害(弁護士費用を含みます。)の賠償を行うものとします。
第13条 (再委託)
弊社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を会員の承諾なしに、第三者に委託することができるものとします。ただし、その場合、弊社は、責任をもって委託先を管理するものとします。
第14条 (知的財産権)
1 本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアルなどの関連ドキュメントを含みますが、これに限られません。)に関する著作権を含む一切の知的財産権その他の権利は、弊社に帰属するものとします。
2 会員は無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます。)、配布、出版、営業使用等をし、弊社が保有する著作権を侵害してはならないものとします。
第15条 (弊社による個人情報の管理)
1 弊社は、本サービスに入力されるデータに個人情報(個人情報の保護に関する法律において定義するものをいいます。以下同じとします。)が含まれていた場合、本サービスの提供に必要な範囲で使用することができるものとします。
2 弊社は、個人情報の保護に関する法律及び弊社プライバシーポリシーに基づいて合理的な管理措置を講じるものとします。
第16条 (保証の制限)
1 弊社は、会員に対し、次の各号に掲げる事項について、一切保証しません。
(1) 本サービスが会員の特定の利用目的に合致すること
(2) 弊社が会員に対して提供する情報(企業リスト及び集計結果を含みますが、これらに限りません。)の正確性、有用性及び確実性
(3) 会員の端末機器において他のソフトウェア等が使用ないし併用された場合の本サービスの正常な動作
(4) 会員が本サービスに入力、提供又は伝送する情報の内容
(5) 弊社指定サーバーに保存されたデータが有効に保存されること
(6) 会員が弊社指定サーバーに保存されているデータに有効にアクセスできること
(7) 弊社指定サーバーに保存され、また本サービスを利用した配信において不到達、延着、流失、消失、改ざん、コンピュータウィルスへの感染、文字化け等のないこと
(8) 本サービスを構成するソフトウェアにバグ等の不具合のないこと
(9) 本サービスへのアクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じないこと
(10) 弊社指定サーバーの停止が生じないこと
2 本サービスに重要な不具合が認められた場合における弊社の責任は、商業的に合理的な範囲内において、本サービスの修正ないし瑕疵の除去の努力をすることに限られるものとします。
第17条 (免責及び損害賠償)
1 弊社は、本規約の各条項に従って制限された限度においてのみ、本サービスについて責任を負うものとします。弊社は、本規約の各条項において保証しないとされている事項、責任を負わないとされている事項、会員の責任とされている事項については、一切の責任を負いません。
2 弊社は、弊社の故意又は重大な過失により会員に損害を与えた場合は、当該会員が被った通常の損害(特別損害及び逸失利益を除きます。)について賠償を行うものとし、その賠償額は、会員が弊社に対して支払った過去6か月分の利用料金の額を上限とします。
3 弊社が責任を負う場合であっても、会員の事業機会の損失、データ滅失・損壊によって生じた損害については、契約責任、不法行為責任その他請求の原因を問わず、いかなる賠償責任も負いません。
第18条 (利用停止措置等)
1 弊社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には本サービスの利用の停止その他弊社が適切と判断する措置(以下、「利用停止措置等」といいます。)をとることができるものとします。
(1) 申込みにあたって虚偽の事項を記載したことが判明した場合
(2) 本サービスの利用料等を支払わない場合
(3) その他本規約に違反した場合又は違反するおそれがあると弊社が判断した場合
2 弊社は、利用停止措置等を行った理由について、会員に対して開示する義務を負いません。また、利用停止措置等に起因して生じた損害について、弊社は、一切の責任を負いません。
3 弊社は、利用停止措置等をとった場合、会員に対して未払いの本サービスの利用料の全額を一括にて請求することができ、会員は直ちにこれを支払うものとします。
第19条 (サービスの休止)
1 弊社は、定期的に又は必要に応じて、保守作業のために、本サービスを一時的に休止することができるものとします。
2 弊社は、保守作業を行う場合には、事前に会員に対してその旨を通知するものとします。ただし、緊急の場合には、事前の通知をすることなく本サービスを休止し、事後速やかに会員に通知するものとします。
3 第1項に定めるほか、弊社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、会員に事前に通知することなく本サービスを一時的に休止することができるものとします。
(1) 第三者による妨害行為等により本サービスの継続が会員に重大な支障を与えるおそれがある場合
(2) 地震、落雷、火災、停電又は天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3) システム、サーバー又は電気通信回線のトラブルが生じた場合
(4) アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合
(5) その他、弊社が必要と判断した場合
4 弊社は、本条に基づいてなされた本サービスの休止によって会員に生じた不利益、損害について責任を負いません。
第20条 (サービスの廃止)
1 弊社は、本サービスの一部又は全部をいつでも廃止できる権利を有します。
2 本サービスの一部又は全部を廃止する場合、弊社は廃止する2か月前までに弊社所定の方法により会員に対して通知を行います。
3 弊社が予期しえない事由又は法令・規則の制定・改廃、天災等のやむを得ない事由で、本サービスを廃止する場合において2か月前までに通知が不可能な場合であっても、弊社は可能な限り速やかに会員に対して通知を行います。 4 本条に定める手続に従って通知がなされたときは、弊社は本サービスの廃止の結果について何ら責任を負いません。
第21条 (会員が行う解除)
会員は、契約期間満了までの本サービス利用料を支払うことで、契約期間満了前に本契約を解除することができます。この場合、既払いの本サービスの利用料についての返金は行わないものとします。
第22条 (弊社が行う解除)
弊社は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員への催告を要することなく利用契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
(1) 本規約に違反したとき
(2) 弊社の事業に支障を与える行為を行った場合
(3) 手形又は小切手の不渡りが発生したとき
(4) 差押え、仮差押、仮処分その他の強制執行又は滞納処分の申し立てを受けたとき
(5) 破産、民事再生、会社更生、会社整理又は特別清算の申し立てがあったとき
(6) 前3号の他信用状態に重大な変化が生じたとき
(7) 解散又は営業停止状態となったとき
(8) 弊社による連絡が取れなくなったとき
(9) 弊社本項各号のいずれかに準ずる事由があると弊社が判断したとき
(10) その他弊社が、会員との本契約の継続が困難であると判断したとき
第23条 (反社会的勢力の排除)
1 弊社及び会員は、相手方に対し、自己及び自己の取締役、執行役、執行役員等の経営に実質的に関与する重要な使用人、主要な株主、実質的に経営権を有する者が反社会的勢力に該当しないことを表明し保証するものとします。
2 弊社及び会員は、自ら又は第三者を利用して、相手方又は相手方の関係会社、顧客若しくは取引先等に対して、以下の各号に該当する行為を行わないことを、相手方に対し、保証するものとします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計又は威力を用いて信用を棄損し、又は業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
3 弊社及び会員は、相手方が前二項の表明・保証に違反した場合には、かかる事由が生じた時点以降いつ何時においても、何らの催告を要することなく、利用契約の全部又は一部を解除できるものとします。
4 前項の規定に基づき利用契約を解除した当事者は、利用契約を解除したことに起因して相手方に損害が生じた場合であっても、何らこれを賠償ないし補償することを要せず、また、かかる解除により自己に損害が生じたときは、相手方はその損害を賠償するものとします。
第24条 (契約終了後の措置)
1 会員は、利用契約終了後は、直ちに本サービスの利用を終了し、以後、本サービスを利用することはできません。
2 会員による本サービスの解約、弊社による契約解除、本サービスの廃止等その終了原因を問わず、会員と弊社との間の利用契約が終了した場合、本サービス上の顧客情報等のデータも削除されるともに、会員は、本サービスで利用していた一切の権利を失うものとし、これにより会員に損害が生じても、弊社は一切の責任を負いません。
第25条 (通知)
本サービスに関する通知その他本規約に定める弊社から会員に対する通知は、原則登録申請時に登録された電子メール宛てに通知いたします。なお、通知は、弊社からの発信によってその効力が生ずるものとします。
第26条 (権利義務譲渡の禁止)
会員は、利用契約に基づく一切の権利及び義務を弊社の書面による事前の同意なく第三者に譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできません。
第27条 (規約の変更)
1 弊社が必要と判断した場合には、会員にあらかじめ通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
2 本規約を変更する場合、弊社は、本サービス上への掲示その他弊社が適当と判断した方法により、あらかじめ変更後の本規約の内容及び効力発生時期を通知します。ただし、法令上会員の同意が必要となる変更を行う場合は、弊社が適当と判断した方法により同意を得るものとします。なお、会員が当該通知において指定された期日以後に本サービスをご利用になった場合、法令上その効力を否定される場合を除き、変更後の本規約に同意したものとみなされます。
第28条 (分離可能性)
1 本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。弊社及び会員は、当該無効又は執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに、修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。
2 本規約のいずれかの条項又はその一部がある会員との関係で無効又は執行不能とされた場合でも、他の会員との関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。
第29条 (準拠法及び裁判管轄)
本規約に関する事項については、日本法を準拠法とし、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【附則】
本規約は、2020年 6月24日から施行します。